大阪のホストクラブには様々なタイプの女性が来店しています

男性

高齢化社会とホストクラブ

壁にもたれかかる

高齢化社会が進む中で、21世紀に突入して急激にホストで働く人の平均年齢が上がっています。店舗でお客様を接客するキャストとして働いている人は、20代から30代の若者であるという印象が強かったが、近年は一部の店舗で40代から還暦を迎える年齢のホストを見かける事があります。一方で、利用するお客様は20代から30代の若者が依然として多くなっていて、利用する人の低年齢化は依然として続いています。
店舗を利用する人は女性である事を考えて、高齢者としてキャストで働いている人のおもてなしの質が向上しています。将来的にはさらに高齢化が進む事を考えて、若者だけが主流になって経営をしないで、40代以降のスタッフが様々な年齢層の女性のおもてなしを行う時代に突入する事を考えています。
一部の店舗では、将来的に高齢者向けのホストクラブの経営を考えています。若者だけではなくて40代以降の中高年の人にも楽しんでもらう計画を立てている傾向です。若者の数が減少している時代で、将来的にも20代が減少する事を鑑みて、あらゆる年齢の層のお客様を取り込む経営術が必要になるかもしれません。利用する人の年齢が高まれば、中高年のキャストが接客などに対応して、様々な世間話でクラブは昔とは異質な形で盛り上がると考えます。

イチオシ

ニュース一覧